不動産

人気の注文住宅で一生モノの住まいを|使い勝手の良い造りを目指す

割安な旗竿型の土地の物件

少なくない旗竿型の土地

一軒家

大泉学園は練馬区の北西部にあり、第1種低層住居専用地域のエリアが広く、多くの一戸建てが建ち並ぶ閑静な住宅街です。古くからの敷地面積が比較的広い一戸建ても多い大泉学園では、土地が売りに出される際に分筆されて複数区画の形で売りに出されたり、分筆された中の1区画を売主が保有して残りの区画が売りに出されるケースも少なくありません。その中で通りから見て奥側にあり、通りに接する面が無い旗竿型の土地が旗竿地と言われる土地です。この旗竿地は出入り口になる部分しか通りに面していませんので土地の周囲を全て他の住居や建物に囲まれる形となります。その結果日当たりの確保が難しくなりますが、その分土地の価格が割安になる傾向があります。大泉学園は東京都の特別区内にあり、急行停車駅の周辺であるため一戸建ては概して高額になりがちです。その中で割安に一戸建てを取得する事を目指す場合、こうした旗竿地の一戸建ては狙い目なのです。

日照の確認が不可欠

旗竿地の一戸建てを購入する場合の重要な確認事項の一つが十分な日照を確保できるかです。旗竿地の一戸建ては四方が隣接する建物に囲まれているため2階にリビングを配置するケースが一般的です。しかし、大泉学園は建蔽率の大きい土地が多いので、傾斜地や南側が道路などで開けている土地を除けば多くの一戸建てが2階にリビングを配置しています。ですので、大泉学園のおいては旗竿地の一戸建てだけが特殊な間取りになるということはありません。しかし、周辺の建物の状況によっては2階にリビングを配置しても十分な日照を確保できない場合もあり得ますので、購入の判断を下す前にリビングや日照を確保したい部屋の日照がどの程度確保できるのかを確認しておく必要があります。また、自家用車を保有する場合、駐車場は旗竿地の竿にあたる道路と接する面に配置されるわけですが、その竿の部分の幅が自家用車のドアの開放にどの程度支障をきたすのかも重要な確認事項となります。